コラム一覧

« Prev123456Next »

  • 2021/03/29(月) お知らせ今年の冬のインフルエンザ
    今年の冬はインフルエンザがほとんどなかった。なぜ?一つは新型コロナを恐れてインフルエンザワクチン、手洗い、マスク、外出自粛を厳重にしたこと。しかし、インフルエンザはほとんどゼロ!いくら何でも少なすぎる。二つ目は新型コロナが流行ったためにウイルスの干渉が起きてインフルエンザが流行らなかった。京都大学の上久保教授たちの説だ。三つめはこれまでは風邪気味で医者にかかった時、風邪とインフルエンザに分類されていたものがPCRで陽性となるとすべて新型コロナになってしまうシステムになったため。PCRが新型コロナだけに反応するのではなく、ほかのウイルスや細菌にも反応してしまうとすると、この説も説得力がある。この1年...
  • 2021/03/28(日) お知らせ新型コロナの真実5 パンデミック?
    3月24日時点で世界の人口は約77億人。累積死亡者数は約271万人。志望者は1万人当たり3.5人。日本では累積陽性率(陽性者数÷検査数)は4.6%。ほとんどが無症状もしくは軽症。累積死亡率(死者数÷人口)は0.007%。1万人に1人も死んでいない。しかもこれは水増しされている。昨年6月18日に厚労省は、他の疾患で亡くなってもPCRで新型コロナが陽性ならば死因は新型コロナとするように通達しているからだ。2020年1月~10月の日本の総死亡数は前年同期より1万4千人少なかった。緊急事態宣言をして、経済を犠牲にし会社をつぶし国民の生活、精神をズタズタにする必要があったのでしょうか。2回目の緊急事態宣言はピークが過ぎてから出されている。し...
  • 2021/03/28(日) お知らせCT値
    昨日のCT値に関することですが、CPRでRNAを増やすために検体の温度を上げ下げする回数のことなのですが、35回位が適切だろうと言われているにも拘らず、日本ではなん40~45回に設定されているのです。始めは1個のウイルスの破片でも40乗以上するとその数は兆の桁数になってしまいます。欧米でわ35でやっているのに、それを45にすると1024倍になってしまいます。拷問にかけて無理やり自白させているようなものです。無実なのに殺人犯にされるようなものです。感度が異様に鋭敏になってしまい、擬陽性がやたらと増えてしまうことになってしまいます。あのWHOでさえもCT値35以上は無意味と言っているのです。それを、45回も回してしまうと何を見て...
  • 2021/03/27(土) お知らせ新型コロナの真実4 PCRの闇
    PCR検査の使い方を誤ったから、こんな世界になってしまったという話もある。PCR検査の発明者キャリー マリス博士が感染症の診断に使ってはいけないと警告していたのです。その警告を無視して全世界に広がってしまった。その博士は謎の死を遂げてしまったのだ。何か匂ってきますね。PCRは遺伝子の存在を確かめるだけのものなのです。しかもウイルsの遺伝子のわずか0.3%程度の断片を鋳型に資増幅して検出する方法なのです。もし鼻の中に一つのコロナウイルス(断片でも)がいたとして、検査でそれが鼻の中を検査するスワブに引っ掛かりPCRにかけられたとします。一つのコロナウイルスでもCT値を上げさえすれば検知することが可能になってしま...
  • 2021/03/26(金) お知らせ新型コロナの真実3
    初めて出会う新型ウイルスに我々は全く知識もなくただ慌てふためくばかりでした。その為、始めは過剰と思われるほどの対応をとってきました。これは間違いではありません。しかし、時が経ち新型コロナウイルスに対する科学的知識も集まり、その姿が明らかになってきました。この時点で軌道修正していくべきでした。しかし、マスコミが流すコロナウイルスの恐怖に押し流されてしまい、科学的な判断が出来なくなってしまいました。そして、事なかれ主義で今日まで来てしまいました。欧米の様に悲惨な状況ではなく、ロックアウトや営業自粛など必要ないなどと言って、死者が出れば”お前のせいだ”などと言われかねません。事なかれ主義の政府や自...
  • 2021/03/25(木) お知らせ2009年新型インフルエンザ
    2009年 WHO H1N1新型インフルエンザ”パンデミック”宣言この時の騒動を覚えておられる方も多いと思います。2009年4月24日WHOはアメリカとメキシコで豚インフルエンザが人に感染し死者が出ていると発表した。日本政府は水際作戦を徹底し空港での検疫に力を入れた。TVも連日大々的に報道した。政府も水際で止められなかったら大惨事になるとの方針で突っ走った。感染者が確認されれば、本人も濃厚接触者もホテルに監禁された。しかし、この時すでに新型インフルエンザは、それまでの季節性インフルエンザと大差のない病原性の低いウイルスであることが判明していました。しかし、政府は方針転換できなかったのです。なぜ???そして感染者が発...
  • 2021/03/24(水) お知らせ新型コロナの真実2
    2019年の冬に武漢で発生したとされる新型コロナウイルスは瞬く間に世界中に拡散していきました。スペイン風邪以来100年ぶりのパンデミックです。欧米での惨状が毎日TVなどで報道され、2週間後には日本も同じ層になるだの、40万人死ぬだのとマスコミは煽りました。しかし、そのような惨状にはならないにもかかわらず、恐怖心が頭に刷り込まれ、平和な生活は失われてしまいました。緊急事態宣言などで自粛を強制され、国民は多大な被害を被っています。新型コロナは批判を覚悟で言うならば、糖尿病、高血圧、癌などの基礎疾患のある高齢者が注意したほうが良い少し感染力の強いチョット違った風邪と言えると思います。基礎疾患のないお元気な...
  • 2021/03/23(火) お知らせ新型コロナの真実
    2020年度の国内の死亡者数は138万4544人で、前年より約9000人減少しています。最近の死亡者数は高齢化の影響で年平均約2万人増加しています。新型コロナ対策で感染症が流行せずコロナ以外の肺炎などが減少したためだと思われます。新型コロナ感染者の死亡数は約3500人。(この中には他の病気で亡くなっても検査でコロナが検出され、コロナ感染での死亡とカウントされてしまった例も含まれます)わずか0.25%です。亡くなられた方には申し訳ありませんが、政府の向いている方向は間違っているのではないでしょうか。そろそろ冷静に考える時期だと思います。痛ましいのは自殺者の急増です。特に小中高生の自殺です。統計のある1980年以降最多の49...
  • 2021/03/23(火) お知らせコロナを正しく怖がろう
    誤った情報を垂れ流すマスコミやTVなどに煽られ、過剰反応して自粛を続け、我々の日本はとんでもない状況に陥っています。もう一年もこの病気とも付き合いいろいろなことが分かってきています。そろそろ目を覚まして、科学に基づいた正しい怖がり方をしても良いころだと思います。これから少しずつ自分が調べ、納得のいくことを述べていこうと思います。あくまでも自分の考えです。ご自分のお考えと異なり嫌な思いをされたらごめんなさい。
  • 2021/03/22(月) お知らせ納得いかない
    緊急事態宣言が終わり、飲食店などに対する自粛要請も緩和されました。しかし、こんなに長い期間、自粛という名の強大な圧力により押さえつけられていたのですから、そう簡単に元の生活に戻れるとは思えません。もう、一年間も新型コロナに付き合ってきたのですから、そろそろ真実に気付き人間らしい生活に戻りたいものです。マスコミの偏向報道にもうんざりです。
  • 2020/12/31(木) お知らせ正しい情報の大切さ
    今年もあと2時間ほどで終わります。今年は正しい情報がいかに大切かということを考えさせられた一年でした。新型コロナウイルス、アメリカ大統領選挙しかりです。間違った情報しか手に入れられなければ自分の進むべき方向も間違え、命さえも危険にさらしてしまいます。溢れかえる多くの情報から正しい情報を選択していかなければならない世の中になってしまいました。
  • 2020/10/06(火) お知らせインフルエンザワクチン
    インフルエンザワクチンの予約は終了しました。
  • 2020/10/03(土) お知らせインフルエンザワクチン
    今年は新型コロナウイルスの影響もありインフルエンザワクチンの予約が非常に多いようです。厚労省は供給量は十分に確保していると言っていますが分かりません。希望なさる方はお早めに予約してください。
  • 2020/08/30(日) お知らせ集団免疫獲得
    最近、日本ではすでに集団免疫が獲得されているという京都大学大学院特任教授、上久保靖彦氏の説が注目されています。これまで有識者会議や専門家と称する方々のこのままいくと2週間後にはニューヨークと同じになるとか、何十万人もの死者が出るという話に脅かされてきましたが、ニューヨークのような惨状にはなっていないし、何十万人もの死者も出ていません。上久保教授の説が正しいかどうかは現時点では分かりません。しかし、これまでの諸説には納得いかずにモヤモヤしたものが引っ掛かっていたのですが上久保教授の説には納得がいきスッキリと府に落ちました。上久保靖彦教授で検索すれば出てきますし、You Tubeでもいろいろ見ることが出...
  • 2020/08/20(木) お知らせ新型コロナウイルス報道の恐ろしさ
    マスコミで報道される新型コロナウイルス報道に、戦時中の大本営発表のような恐ろしさを感じます。政府や東京都の発表は絶対であり疑問を持ったり、ましてや反論を展開することなどできないような雰囲気です。そのようなことをすれば自粛警察やネットのバッシングで大変なことになってしまいそうです。これらのことが怖くて意見も言えない人もたくさんいると思います。もう最初のゼロ号患者の発生から八か月が経過し(この中国の発表には疑問がありますが)いろいろな事実が判明してきており、落ち着いて考え意見を言うべき時だと思います。毎日、小池知事が本日の東京都の新たな陽性者数を発表し、増加傾向にあり注意を要するなどと言ってい...
  • 2020/06/22(月) お知らせアベノマスク
    先日アベノマスクが来ました。こんなことに466億円も使ったのですか。あきれ返って物も言えません。この466億円を新型コロナウイルスの研究に回したりするという考えは出来なかったのでしょうか。総理の周りにはこんなバカなことやめましょうと言ってあげる人もいなかったのでしょうか。情けなくなってしまいました。
  • 2020/06/17(水) お知らせ言葉の毒
    斎藤一人さんの本を読んでいたら言葉の毒ということが書いてありました。ネットの匿名性のためか酷い書き込みに悩み、身体を壊したり最悪の場合には自殺する人まで出ています。薬って、万人に効くものってないんだよね。多くに人に効いたとしても、効果がない人もいる。ところが青酸カリって、誰でも死んじゃうでしょ?つまり、毒は万人に効き目があるんだよ。言葉の毒もいっしょです。吐いた毒は、誰でも傷つける。毒は効くんだよ。毒を盛られた人を、周りの人は、愛で癒さなくてはいけない。癒すのは、大変なことなんです。だからね、言葉の毒で人を傷つけるのはやめてください!
  • 2020/06/03(水) お知らせおはよう
    今朝、診療所の前の植木に水をやっていた時に、保育園に行くのだろうか、お母さんとベビーカーに乗った妹?の後ろを歩いていた3,4歳くらいの可愛い女の子に”おはよう”と言われ”おはよう”と返しました。何気ないことですがちょっとうれしくなりました。挨拶の大事さを感じました。
  • 2020/06/02(火) お知らせ小さな幸せ
    患者さんに使っていただくため、たった一枚ですがマスクをお渡しし始めて一月半ほどになります。家内が不良品がないか確認して、一枚ずつビニール袋に詰めます。そして私が好きな言葉を汚い字ですが心を込めて書きます。この言葉もいくつかの名言集やいろいろな本から良いなと思った言葉を集めてきました。毎日書き続けていますと写経のような気持になってきます。アインシュタイン、マザーテレサ、ビルゲイツ、吉田松陰、松下幸之助。古今東西、真理は変わらないのだなと感じます。
  • 2020/05/13(水) お知らせ日本のコロナウイルス対策
    最近感染者数が減少し一部で緊急事態宣言の解除が行われるようです。この時点ではまだはっきりしたことは言えませんが、日本の行ってきたことは、まあまあ、うまくいってきているのではないかと思います。もちろん100点満点だなんて思いません。中国への配慮からか中国からの入国停止の遅れ。これは痛かった。そして欧米への出入国停止の遅れ。日本の人口当たりの死亡率はとても低く抑えられています。イギリスは日本の100倍、アメリカは44倍となっています。PCR検査での陽性率は検査の実施状況で大きく変わってきますが、死亡率は不確定要素があまり入らないと思います。世間ではPCR検査を増やすことが目的のような議論もあるようですが、む...

« Prev123456Next »