よこで耳鼻咽喉科
TEL:048-295-8733

川口睡眠呼吸センター
JR武蔵野線東川口駅から徒歩3分


ホーム症例別症状解説 喉の病気>扁桃肥大

扁桃肥大

扁桃には口蓋扁桃、咽頭扁桃、舌根扁桃などがありますが、これらの扁桃が肥大して普通よりも大きくなったのが扁桃肥大です。扁桃は免疫に関わる臓器で、口や鼻から侵入してきた細菌やウイルス対して防御する機能を持っています。
口蓋扁桃、咽頭扁桃は、母体からの免疫が薄れる1歳すぎから相前後して生理的に大きさを増します。口蓋扁桃は2〜3歳ころより肥大が始まり、7〜8歳で最大になり、9〜10歳ころには自然に小さくなります。咽頭扁桃は、口蓋扁桃より1〜2年先行して大きくなり、6〜7歳ころに肥大のピークがあります。舌根扁桃は20〜30歳にかけて肥大します。扁桃肥大は、直接に気道を狭くすることから、いびきや睡眠時無呼吸症候群を起こすことがあります。また、嚥下障害を起こすこともあります。
急性に肥大した場合であれば、薬物投与で改善することがあります。ただ、長期間にわたり肥大、閉塞症状が続く場合は、扁桃を手術で摘出する場合もあります。

戻る  次へ


その他の喉の病気

急性咽頭炎
慢性咽喉頭炎
急性扁桃炎
扁桃周囲炎
咽頭がん
喉頭がん
声帯ポリープ
声帯麻痺


症例別症状解説
耳の病気 喉の病気 鼻の病気


よこで耳鼻咽喉科ご案内
医院紹介
ドクター紹介
アクセス・地図
病気と対処法
お知らせ


ホーム>アクセス・地図

〒333-0811
埼玉県川口市戸塚2-18-18
厚川ビル1F
TEL:048-295-8733
(C)よこで耳鼻咽喉科